MENU

ニュースリリースNEWS

富士薬品、スポーツ促進企業として 「スポーツエールカンパニー 2022」に認定

掲載日: 2022.02.10

2022年2月10日

報道関係各位

株式会社 富士薬品

富士薬品、スポーツ促進企業として
「スポーツエールカンパニー 2022」に認定

 医薬品の研究開発から製造・販売までを行う複合型医薬品企業の株式会社富士薬品(本社:埼玉県さいたま市 代表取締役社長:高柳 昌幸、以下「富士薬品」)は、従業員の健康増進のためにスポーツの実施促進に積極的に取り組む企業として、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー 2022」に認定されましたことをお知らせします。
 富士薬品は「とどけ、元気。つづけ、元気。」のスローガンのもと、人々の元気な毎日を支え続けることを目指し、事業活動を行っています。そして、その実現には従業員の健康が不可欠と考え、健康経営の取り組みに力を入れています。この度、健康経営の一環として行っているスポーツ実施を促進する取り組みが評価され、「スポーツエールカンパニー 2022」の認定を受けました。

 

【富士薬品の主な取り組み】

◆全従業員対象のウォーキングイベント開催
 富士薬品の本社が所在する埼玉県では、県民の健康増進を目的に歩数計アプリ「埼玉県コバトン健康マイレージアプリ」を運用しています。富士薬品では、このアプリを活用し、ウォーキングイベントを開催。全従業員を対象にエントリー者を募集し、設定された期間内の歩数を競う内容です。これまでに2回開催しており、従業員の健康増進のため、今後も定期開催していく予定です。

◆社内サークル活動の支援
 富士薬品では、野球部やフットサル部、テニス部など、9つの運動サークルが活動しています。これらの活動をサポートするため、福利厚生の一環として、毎年各サークルに補助金を支給しています。

【「スポーツエールカンパニー」について】

  width=スポーツエールカンパニー」とは、従業員の健康増進のためにスポーツ活動の支援や促進に向けて積極的な取り組みを行っている企業をスポーツ庁が認定する制度です。認定された企業の取り組みを周知することで、他企業への横展開を促し、ビジネスパーソンのスポーツ実施率の向上を目指すとともに、従業員の健康管理を考え戦略的に取り組んでいる企業の社会的評価の向上を図ることを目的としています。この度の「スポーツエールカンパニー2022」には、685社が認定されています。
※スポーツ庁ホームページ  https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/list/1399048.htm


富士薬品について

 富士薬品は、1930年富山県富山市における配置薬販売事業の創業からスタートし、現在では配置薬販売事業に加えて、ドラッグストア・調剤薬局事業、医薬品製造事業、医薬品研究開発事業、医療用医薬品販売事業を展開する複合型医薬品企業です。スローガン「とどけ、元気。つづけ、元気。」のもと、富士薬品グループ全体で日本全国に1,360店を展開する「セイムス」ブランドを中心としたドラッグストアと、全国に広がるラストワンマイルを埋める配置薬販売ネットワーク、そして医療用医薬品の研究開発力を生かし、誰もが豊かな人生を送れる社会の実現に向けて、人々の暮らしのあらゆる場面で寄り添い、元気な生活を支え続けてまいります。

【報道関係お問い合わせ先】
株式会社富士薬品 総務部 広報戦略室 大聖(だいしょう)
電話番号:03-6811-7804 Email:pr@fujiyakuhin.co.jp

株式会社富士薬品 会社概要 URL:https://www.fujiyakuhin.co.jp

社名 株式会社富士薬品
代表者 代表取締役社長 高柳 昌幸
所在地(本社) 〒330-9508 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4丁目383番地
事業内容 医薬品等の配置薬販売事業、ドラッグストア・調剤薬局事業、 医薬品製造事業、医薬品研究開発事業、医療用医薬品販売事業

ページトップへ戻る