富士薬品

| ホーム | お知らせ | 会社情報 | 事業内容 | 採用情報 | グループ会社一覧 | 営業所・店舗検索 | 商品検索 | 反社会的勢力に対する基本方針 | サイトマップ |

研究開発研究開発

研究開発 自社技術をベースに新薬創製

充実した環境の中に、期待に応える
医療用新薬の開発に挑戦しています。

患者様のニーズに合致する新薬創製のための研究開発を継続。

PHOTO

第二研究所(さいたま市)

医薬品メーカーにとって医療用新薬を開発することは、社会に対する使命です。 富士薬品はOTC医薬品(一般医薬品)の製造・販売で蓄積した知見をベースに、1991年から医療用医薬品の研究開発を開始。 化学合成の研究施設である第一研究所では、新規化合物の合成研究や開発候補化合物のプロセス研究を実施。 自社新薬の探索研究と非臨床試験を目的とする第二研究所では、薬理、安全性、薬物動態に関する基礎と応用研究を続けています。

自社開発した新薬が発売開始。市場への浸透が着実に進んでいます。

PHOTO

医薬品研究開発事業は業務開始以来、医療用新薬の開発に優れた人材と多額の費用を投入することで、きわめて短い期間に成果を生み出してきました。2006年には腎機能検査用薬「イヌリード®注」、2007年には一般医療機器・皮膚バリア粘着シート「エフシート®」、2013年には痛風・高尿酸血症治療剤「トピロリック®錠」の発売を開始し、市場への浸透も着実に進んでいます。 また、これに続く自社創製した医療用医薬品も臨床試験の最終段階に入っています。 今後も研究開発に取り組み、困難な事業に挑戦を続けてまいります。

自主発想でテーマを選択し、薬の可能性ある物質を追究。

PHOTO

体内薬物量を測定する
最新型LC-MS/MS装置

研究部では薬となる物質の発見を目指して、研究員がそれぞれのテーマに幅広く取り組んでいます。 また、社員の自主性を尊重するため、関連学会への参加や大学との共同研究なども積極的に行っています。 創薬に必要不可欠な動物実験では、「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」に従い適切に実施しています。 その結果、第三者機関(公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団動物実験実施施設認証センター)より2017年6月に認証を取得しています。

少数精鋭の開発部員による臨機応変でスピード感のある開発を実施。

開発部では、研究部が見出した自社開発新薬の可能性がある候補物質の治験を、関連法規に基づいて実施しています。実施医療機関への治験の依頼、モニタリング、データマネジメント、統計解析、品質管理、メディカルライティング、申請業務などを部内で協力しながら推進。 少数精鋭の開発部員がこれまでの開発経験をフルに生かして、臨機応変かつスピーディーな開発に取り組んでいます。

Copyright(c) 2004 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.