MENU

ニュースリリースNEWS

富士薬品、健康経営優良法人「ホワイト500」に認定

掲載日: 2022.03.09

2022年3月9日

報道関係各位

株式会社 富士薬品

富士薬品、健康経営優良法人「ホワイト500」に認定

 医薬品の研究開発から製造・販売までを行う複合型医薬品企業の株式会社富士薬品(本社:埼玉県さいたま市 代表取締役社長:高柳 昌幸、以下「富士薬品」)は、経済産業省と日本健康会議※1より「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)ホワイト500」に認定されましたことをお知らせします。 「健康経営優良法人」認定は3年連続であり、そして、特に優良な取り組みを実践している上位500法人を認定する「ホワイト500」に認定されるのは初めてのこととなります。
 富士薬品は、「とどけ、元気。つづけ、元気。」のスローガンのもと、従業員に寄り添った実のある健康経営を実施していくことにより、お客様に元気をとどけ、元気がつづく社会づくりに貢献してまいります。
※1:少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動団体。

【健康経営優良法人認定制度について】

 「健康経営優良法人認定制度※2」は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。健康経営優良法人は「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」に分かれており、なかでも特に優良な取り組みを実践している上位500社の大規模法人を「ホワイト500」、中小規模法人を「ブライト500」として認定しています。
※2:経済産業省ホームページ:https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html


【富士薬品の健康経営について】

 富士薬品は「とどけ、元気。つづけ、元気。」をスローガンに掲げ、人々の元気な毎日を支え続けることを目指した事業活動を行っています。そして、その実現には従業員の健康が不可欠と考え、2019年4月に「健康経営宣言」を行いました。以来、富士薬品では、健康経営を経営戦略の一環として位置付け、従業員の健康づくりに努めています。

<具体的な取り組み>
・年2回の意識調査
・年1回のストレスチェック
・毎月の「禁煙デー」
・ウォーキングイベント
・二次健康診断の勧奨施策
・保健師・産業医監修の心身の健康セミナー
・特定保健指導以外の保健指導
・全事業本部横断の健康推進プロジェクト

 それぞれの取り組みは年度ごとに目標値を設定し、PDCAをまわしながら実施しています。
・富士薬品の健康経営宣言:https://www.fujiyakuhin.co.jp/health-management


富士薬品について

富士薬品は、1930年に富山県富山市における配置薬販売業の創業からスタートし、現在では配置薬販売事業に加えて、ドラッグストア・調剤薬局事業、医薬品製造事業、医薬品研究開発事業、医療用医薬品販売事業を展開する複合型医薬品企業です。2030年に迎える創業100周年に向けたスローガン「とどけ、元気。つづけ、元気。」のもと、「セイムス」を中心とした富士薬品グループ全体で1,360店舗(2021年3月末時点)のドラッグストアと、全国に広がるラストワンマイルを埋める配置薬販売ネットワーク、そして医療用医薬品の研究開発・製造力を生かし、誰もが豊かな人生を送れる社会の実現へ向けて、人々の暮らしのあらゆる場面で寄り添い、元気な生活を支え続けてまいります。

【報道関係お問い合わせ先】
株式会社富士薬品 総務部 広報戦略室 大聖(だいしょう)
電話番号:03-6811-7804 Email:pr@fujiyakuhin.co.jp

株式会社富士薬品 会社概要  URL:https://www.fujiyakuhin.co.jp

社名 株式会社富士薬品
代表者 代表取締役社長 高柳 昌幸
所在地(本社) 〒330-9508 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4丁目383番地
事業内容 医薬品等の配置薬販売事業、ドラッグストア・調剤薬局事業、 医薬品製造事業、医薬品研究開発事業、医療用医薬品販売事業

ページトップへ戻る