富士薬品

| ホーム | お知らせ | 会社情報 | 事業内容 | グループ会社一覧 | 営業所・店舗検索 | 商品検索 | 反社会的勢力に対する基本方針 | サイトマップ |

カスタマーサービスセンターカスタマーサービスセンター

暮らしのお役にたつ健康情報

Vol.8『ご存知ですか?医療費控除』

皆様の年間の医療費は、どのくらいかかっていますか?1年間(1月1日~12月31日まで)に支払った 医療費が一定の金額以上(10万円、若しくは、総所得金額が200万円未満の方はその5%の金額)にな った場合には、所得税の控除が受けられます。これを「医療費控除」といいます。年間にかかった医療費は、 家族分まとめて合算できますので、病院にかかる機会の多い方、ドラッグストアなどで医薬品を購入される 機会の多い方は、ご家族分の医療費の領収書などは取っておかれることをお勧めいたします。
実際に支払った医療費の合計額から、保険金などで補てんされる分を引いた金額が対象となります。
医療費控除の確定申告をすると、支払った医療費の一部が所得税の還付として戻ってきます。

PHOTO

基本的には病院でかかった費用、医薬品などを購入するのにかかった費用が対象です。また、怪我のために購入した絆創膏、包帯なども対象になります。 しかし、医薬品であっても、原則、ビタミン剤のように、病気の予防や健康増進を目的に服用したものは対象外です。健康食品も対象外となります。 弊社の商品では、セイムビタンシリーズやフジミンシリーズのビタミン剤、カークシリーズ、リッチミンシリーズなどのドリンク剤対象外です。

医療費控除の対象となる医療費の例

  • 医師又は歯科医師による診療又は治療の対価(海外など保険外診療でも対象)

  • 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価
    (たとえば、調剤薬局で支払ったお薬代、風邪をひいた場合に購入した風邪薬などの代金)

  • 医師等の治療を受けるための公共交通機関の通院費、入院の際の部屋代や食事代、コルセットなどの医療用具の購入代や賃借料

  • 医師等による治療を受けるために必要な義手、義足、義歯、松葉杖などの購入費用

  • 重い荷物を運ぶなどして生じた腰痛の治療などのためのあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の対価

  • 6ヶ月以上寝たきりで医師の治療を受けている場合のおむつ代(医師の発行したおむつ使用証明書が必要)

(国税庁ホームページ:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htmを加工して作成)

(医療費控除の対象とならない医療費の例)

  • ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金

  • 疲労回復や体調を整えるためのあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の対価

  • 健康診断の費用や医師等に対する謝礼金など

  • 自家用車で通院した場合のガソリン代や駐車場代

(国税庁ホームページ:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htmを加工して作成)

国税庁のホームページもご確認ください。
https://www.nta.go.jp/index.htm
不明点に関しては、住所地もしくは最寄りの税務署にお電話でお問合せいただけます。
https://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm)

※出典:国税庁ホームページ (https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm)を加工して作成

Copyright(c) 2004 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.