富士薬品

| ホーム | お知らせ | 会社情報 | 事業内容 | 採用情報 | グループ会社一覧 | 営業所・店舗検索 | 商品検索 | 反社会的勢力に対する基本方針 | サイトマップ |

コーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

富士薬品グループ(以下「当グループ」といいます)は、「新たな価値市場を創る複合型医薬品企業」を長期達成ビジョンに掲げております。

本ビジョン実現のため、経営の意思決定の効率性・迅速性を確保し、一方において監査役・会計監査人及び監査室による監査体制を充実化し、経営の透明性・客観性を確保しております。

これにより、株主や債権者をはじめとするステークホルダーに対する責任を全うし、当グループの永続的な成長と企業価値の向上を実現することを基本的な考え方としております。

コーポレート・ガバナンス体制

当社は、経営の意思決定及び監督機能の透明性・客観性を確保するため、取締役5名で取締役会を構成し、毎月1回の定例開催のほか、必要に応じ随時臨時開催し、重要な業務執行に関する事項の決定を行っております。また、執行役員制度を採用し、経営の意思決定・監督機能と業務執行機能を明確に分担し、機動的かつ効率的な経営を遂行しております。

さらに、取締役・監査役・執行員及び幹部従業員にて毎月2回経営会議を構成し、代表取締役社長による意思決定を補佐し、迅速な執行決定を行っております。

監査役会は、常勤監査役2名・社外監査役2名で構成し、社外監査役には税務の専門家である税理士及び法律の専門家である弁護士を登用しております。監査役は、取締役会や経営会議に出席し、取締役による業務執行の適法性監査、会計監査、会計監査人の選解任及び監査報酬に関する権限行使等を行い、取締役会からの独立性を確保し客観的な立場から適切な助言を行っております。

内部監査に関しては、社内各部門から独立した監査室を設置し、各部門の業務遂行の監査を行っております。

また、各種リスク案件は、内部統制委員会にて一元管理しております。内部統制委員会は、代表取締役社長を委員長とし、委員長が指名した委員により構成され、原則毎月1回開催されます。内部統制委員会では、経営リスクの回避方針・対応策及び再発防止策を全社的・経営的な立場から検討・協議し、経営リスクの最小化に努めております。内部統制委員会の内容は取締役会に報告されます。

さらに、内部通報制度を設け、チーフコンプライアスオフィサー(CCO)の指揮のもと、不正行為の早期発見、是正及び防止に努めております。

模式図

模式図

Copyright(c) 2004 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.