富士薬品

| ホーム | お知らせ | 会社情報 | 事業内容 | グループ会社一覧 | 営業所・店舗検索 | 商品検索 | 反社会的勢力に対する基本方針 | サイトマップ |

医療用医薬品医療用医薬品

こちらのページでは医療用医薬品を適正に使用していただくための情報を、
日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、その他医療関係者等)を対象に提供しています。
日本国外の医療関係者及び一般の方に対する情報提供を目的としていないことをご了解ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい、そうです

いいえ、違います



個人情報の共同利用について

株式会社富士薬品は、株式会社日本アルトマークが管理・運営するメディカルデータベース(MDB)の個人情報を特定の企業と共同して利用いたします。 共同して利用される個人データの項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的、個人データの管理について責任を有する者については、 株式会社日本アルトマークのホームページ(http://www.ultmarc.co.jp/contents/PrivacyPolicy.html)をご覧下さい。

企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針

医学・薬学の研究、医薬品の実用化およびその適正使用の普及に不可欠な産学連携活動は、医療機関・医療関係者との契約等に基づき実施されております。 生命関連産業として患者さん、国民の生命、健康に大きく関わるとともに、国民皆保険制度のもとにある我が国の製薬産業においては、他の産業以上にその活動の透明性が重要であることを踏まえ、 日本製薬工業協会(以下、製薬協)によって「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」が策定されました。

株式会社富士薬品(以下、富士薬品)は、医療用医薬品に関する事業活動において、製薬協が定める「製薬協企業行動憲章」、 「製薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」、「製薬協コード・オブ・プラクティス」をはじめとする関係諸規範およびその精神を指針とし具体的な手順を定めて、 私たちの医療用医薬品に関する事業活動が倫理的かつ適法で誠実に行われるよう取り組んでおります。このたび、製薬協が定める「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」に準じ、 当社の行う医療用医薬品に関する事業活動において、医療機関等に対する金銭の支払い等を、以下の方法により公開することとしました。

公開の方法

富士薬品ウェブサイト等において公開します。

公開時期

前年度分について、その決算終了後、適切な時期に公開します。

公開対象

A. 研究費開発費等

研究費開発費等には、GCP省令等の公的規制のもとで実施されている臨床試験や、新薬開発の治験及び製造販売後臨床試験が含まれ、 また、GPSP省令、GVP省令等の公的規制のもと実施される副作用・感染症症例報告、製造販売後調査等の費用が含まれる。

共同研究費(年間の総額)
委託研究費(年間の総額)
臨床試験費(年間の総額)
製造販売後臨床試験費(年間の総額)
副作用・感染症症例報告費(年間の総額)
製造販売後調査費(年間の総額)

B. 学術研究助成費

学術研究の振興や研究助成等を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、及び学会等の会合開催費用の支援としての学会等寄附金、学会等共催費。

奨学寄附金
(○○大学○○教室:○○件○○円)

一般寄附金
○○大学(○○財団):○○件○○円)

学会等寄附金
(第○回○○学会(○○地方会.○○研究会):○○円)

学会等共催費
(第○回○○学会○○セミナー:○○円)

C. 原稿執筆料等

自社医薬品をはじめ医学・薬学に関する科学的な情報等を提供するため、もしくは研究開発に関わる講演、原稿執筆や監修、その他のコンサルティング等の業務委託の対価として支払われる費用等。

講師謝金
(○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円)

原稿執筆料・監修料
(○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円)

コンサルティング等業務委託費
(○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円)

D. 情報提供関連費

医療関係者に対する自社医薬品や医学・薬学に関する情報等を提供するための講演会、説明会等の費用。

講演会等会合費(年間の件数・総額)
説明会費(年間の件数・総額)
医学・薬学関連文献等提供費(年間の総額)

E. その他の費用

社会的儀礼としての接遇等の費用。 接遇等費用(年間の総額)

Copyright(c) 2004 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.