富士薬品

| ホーム | お知らせ | 会社情報 | 事業内容 | グループ会社一覧 | 営業所・店舗検索 | 商品検索 | 反社会的勢力に対する基本方針 | サイトマップ |

研究開発研究開発

研究開発

最高の開発環境を実現し
独自の技術を基盤に、医療用新薬の開発を行っています

医療用医薬品の分野で医学の進歩に貢献することは、医薬品メーカーにとって社会的使命であると考えます。
富士薬品は一般用医薬品の製造・販売で積み重ねてきた実績をベースに医療用医薬品の研究開発に取り組んでいます。

第一研究所

PHOTO

医薬品研究開発の最初の拠点として、1991年(平成3年)に設立されました。
現在は化学合成の研究施設として、最新の研究環境のもと新薬創製を目指して新規化合物の合成研究や開発候補化合物のプロセス研究を行っております。

第二研究所

PHOTO

PHOTO

1993年(平成5年)には大宮第二研究所を設立し、その後1999年(平成11年)に免震構造を持つ地上3階、地下1階の新大宮第二研究所を建設し、自社創薬による新薬の研究開発業務に本格的に取り組みました。

第二研究所では、自社新薬の探索研究及び非臨床試験として、薬理、安全性、薬物動態に関する基礎及び応用研究が行われています。

また、自社新薬及び後発品について新剤形開発、製剤の試作、安定性試験の実施、GMPに準拠した治験薬製造対応等を行い、医薬品の品質保証を確保するための各種試験を実施しております。

研究部では最新鋭の実験機器を駆使して、個々の研究員がそれぞれのテーマに意欲的に取り組み、IT化もいち早く取り入れて世界の最新の研究・開発情報の収集と情報共有化を進めながら、これらを積極活用した効率的に研究開発を推進していきたいと考えています。

開発部では、GCP等の関連法規を遵守して自社開発品の臨床試験を適正に推進しており、他社に負けないスピードと効率的な開発の実践を進めております。

Copyright(c) 2004 FUJIYAKUHIN Co., Ltd. All Rights Reserved.