よくあるご質問よくあるご質問

おくすりのよくあるご質問

風邪薬(ジキナ顆粒、ハヤナ顆粒等)

※よくあるご質問のタイトルは、よく見られている順に表示されています。

授乳中に服用してもよいですか8

眠くなる成分は入っていますか13

インフルエンザのときの熱に服用できますか9

妊娠中に服用してもよいですか7

風邪薬を服用したあと、次の服用までの時間はどのくらいあけたらよいですか181

ピリン系ですか12

病院の薬を飲んでいますが一緒に服用できますか345

どこで購入できますか529

卵アレルギーですが服用できますか14

ぜんそくですが服用できますか180

長期間服用してもよいですか183

添付文書の「相談すること」の項目に「緑内障」と記載してありますが、服用できますか11

尿が黄色くなりましたが大丈夫ですか182

添付文書の「相談すること」の項目に「高齢者」と記載してありますが、服用できますか10

風邪薬の違いは何ですか579

風邪薬の使用年齢や形の違いは何ですか580

ピックアップ商品

授乳中に服用してもよいですか

授乳中の方の服用に関しましては、(株)富士薬品 学術室までご相談ください。授乳中でも風邪薬を服用したい方には、葛根湯小青竜湯をお勧めいたします。葛根湯、小青竜湯は、配置薬ドラッグストア通信販売で購入可能です。

PAGE TOP

眠くなる成分は入っていますか

「クロルフェニラミンマレイン酸塩」、「クレマスチンフマル酸塩」が入っている商品は、眠くなることがあります。眠くなる成分が入っていない風邪薬をご希望の方には、葛根湯小青竜湯をお勧めいたします。葛根湯、小青竜湯は、配置薬ドラッグストア通信販売で購入可能です。

PAGE TOP

インフルエンザのときの熱に服用できますか

基本的には、インフルエンザの疑いがあるときには医療機関の受診をお勧めいたします。抗インフルエンザ薬は発症後の服用が早い方が効果が得られやすいためです。服用してはいけないわけではありませんが、あくまでも医療機関に行くまでの一時的な服用にとどめ、早めに医療機関を受診されることをお勧めいたします。

PAGE TOP

妊娠中に服用してもよいですか

妊娠中の方の服用に関しましては、かかりつけの産婦人科医にご相談ください。

PAGE TOP

風邪薬を服用したあと、次の服用までの時間はどのくらいあけたらよいですか

薬の成分、服用されている医薬品によって服用間隔が異なります。個別にご対応させていただくため、(株)富士薬品 学術室までご相談ください。 なお、弊社医薬品の服用間隔に関しましては、添付文書の記載にそって服用してください。

PAGE TOP

ピリン系ですか

風邪薬のジキナシリーズ、フォルチュアシリーズ、ハヤナシリーズはいずれも非ピリン系です。

PAGE TOP

病院の薬を飲んでいますが一緒に服用できますか

服用(使用)されているお薬によっては、飲み合わせに注意が必要な場合があります。かかりつけの医師または、(株)富士薬品 学術室までご相談ください。

PAGE TOP

どこで購入できますか

ジキナシリーズは配置薬、ハヤナシリーズは富士薬品グループのドラッグストアで購入いただけます。
配置薬のお申し込みはこちらのお申込みフォームよりお申し込みください。
お近くのドラッグストアはこちらからお調べいただけます。
また通信販売でも購入いただけます。
通信販売はこちら
富士薬品 通信販売 0120-51-2289 (受付時間 平日 9:00〜17:00)

PAGE TOP

卵アレルギーですが服用できますか

「リゾチーム塩酸塩」が入っている商品は、卵アレルギーの方は服用できません。

PAGE TOP

ぜんそくですが服用できますか

風邪薬や解熱鎮痛薬を使用して、ぜんそくを起こしたことがある方は服用できません。風邪薬、解熱鎮痛薬が原因ではないぜんそく疾患の場合は、服用いただけますが、ぜんそく発作中は服用できません。

PAGE TOP

長期間服用してもよいですか

長期間服用を続けることはお勧めできません。風邪が悪化する場合やなかなか治らない場合は、医療機関へのご相談をお勧めいたします。

PAGE TOP

添付文書の「相談すること」の項目に「緑内障」と記載してありますが、服用できますか

緑内障の方は、緑内障のタイプによって服用できる場合があります。まずは、かかりつけの眼科医にご相談ください。

PAGE TOP

尿が黄色くなりましたが大丈夫ですか

ビタミンB2(リボフラビン)が含まれている商品は、服用後尿が黄色くなることがあります。ご心配ありません。

PAGE TOP

添付文書の「相談すること」の項目に「高齢者」と記載してありますが、服用できますか

ご高齢の方は、個人差はありますが体の機能が低下し、肝臓や腎臓の機能が衰えてくる方もいらっしゃいます。また、慢性の疾患をかかえて薬を服用する機会も増えてきます。そのため、注意が必要な場合があります。詳しくは、(株)富士薬品 学術室までご相談ください。

PAGE TOP

風邪薬の違いは何ですか

・【のどが痛い方】 ジキナ顆粒ゴールドがおすすめ(のどの炎症を抑える生薬「カンゾウ」を配合)
・【発熱で体力が消耗した方】 新ジキナエースDXがおすすめ(熱を下げる「ゴオウ」、体力消耗を緩和する「ニンジン」を配合)
・【頭痛やのどの痛みが強い方】 新ジキナIP錠 がおすすめ(鎮痛効果の高い「イブプロフェン」を配合)
・【咳症状だけの方、鼻症状だけの方】せきどめや鼻炎薬がおすすめ
その他の詳しい違いについては、各商品ページをご覧いただくか、(株)富士薬品 学術室までご相談ください。

PAGE TOP

風邪薬の使用年齢や形の違いは何ですか

ジキナ顆粒ゴールド  12才以上・顆粒
新ジキナエースDX   7才以上・カプセル
新ジキナ糖衣錠DX   5才以上・錠剤
その他の詳しい違いについては、(株)富士薬品 学術室までご相談ください。

PAGE TOP

お問い合わせ

カスタマーサービスセンター 学術室
048-648-1118(平日の9 : 00~17 : 30 夏季、冬季休業あり)

Copyright(c) 2018 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.

Copyright(c) 2004 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.