富士薬品

| ホーム | お知らせ | 会社情報 | 事業内容 | グループ会社一覧 | 営業所・店舗検索 | 商品検索 | 反社会的勢力に対する基本方針 | サイトマップ |

カスタマーサービスセンターカスタマーサービスセンター

カスタマーサービスセンターニュース

Vol.4『インフルエンザ予防について』

PHOTO

こんにちは!!富士薬品カスタマーサービスセンターです。
気温が下がり始めた今日この頃。 体調など崩していらっしゃいませんか?

まわりにも、咳をしたり鼻水がずるずるしたりしている人が増えてきています。 これからは、インフルエンザや風邪が流行します。 インフルエンザの流行は12月頃から始まります。 ワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要することから、毎年12月中旬までにワクチン接種を受けることが望ましいと考えられています。 予防接種は、予防になるだけでなくかかったときに重症化しなくてすむといわれています。

PHOTO

風邪とインフルエンザの違い

PHOTO

インフルエンザ流行期に、「風邪かな?インフルエンザかな?」と迷ったら、市販の風邪薬の使用は控えるようにしましょう。(特にお子様) 市販の風邪薬の中に入っている熱を下げる成分が、お子様のインフルエンザの症状の重症化につながる恐れがあります。 まわりにインフルエンザにかかった人がいて、風邪のような症状がでたときには、早めの医療機関の受診をお勧めいたします。 お医者様で処方されているインフルエンザ治療薬は、 発症後48時間以内に服用すると効果が期待できます。

風邪インフルエンザ
病原ライノウィルス、アデノウィルスなどインフルエンザウィルス
感染力比較的弱い強い(熱が下がった後でも感染力が強いため
2日ほどは集団生活などは避ける)
発症緩やかに発症急激に発症
主な症状鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳など高熱、倦怠感、頭痛など
発熱低い(37℃~38℃前後)ことが多い高い(38℃~40℃前後)
経過およそ1週間くらいで治る3~4日で熱は下がり、1週間程度で治るが咳や倦怠感は
2~3週間残ることがある

Copyright(c) 2004 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.