富士薬品

| ホーム | お知らせ | 会社情報 | 事業内容 | グループ会社一覧 | 営業所・店舗検索 | 商品検索 | 反社会的勢力に対する基本方針 | サイトマップ |

カスタマーサービスセンターカスタマーサービスセンター

暮らしのお役にたつ健康情報

Vol.34『熱中症・夏バテ』

熱中症とは?

PHOTO

体温の上昇と体調節機能のバランスが崩れ、どんどん体に熱がたまってしまう状態。
熱中症を引き起こす条件は、「環境」と「からだ」と「行動」によるものが考えられます。

  • 環境 ... 気温が高い、日差しが強い、閉め切った屋内等
  • からだ ... 高齢者や乳幼児、肥満の方、二日酔いや寝不足といった体調不良
  • 行動 ... 激しい筋肉運動、長時間の屋外作業、水分補給できない状況

予防するには

暑さを避ける
室内でも扇風機やエアコンで温度調節、室温をこまめに確認。外出時には日傘や帽子の着用、日陰の利用やこまめな休憩。通気性がよく、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する。保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、身体を冷やす。

こまめに水分を補給する
室内でも、外出時でも、喉の渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口補水液などを補給する。

症状

対処

症状・対処

子供やお年寄りは特に注意しましょう!

PHOTO

背が低いため地面からの照り返しにより、高い温度にさらされやすい。汗腺などが未熟のため注意が必要。

暑さや喉の渇きを感じにくいため、自覚症状がないのに熱中症になる危険がある。

PHOTO

夏バテとは?

夏バテには明確な定義はありません。
「暑気中り(しょきあたり)」、「暑さ負け」、「夏負け」などともいわれることもあります。
夏の暑さや多湿が続くことに影響を受けて起こる体の不調全般を指していいます。

原因

症状

原因・症状

吐き気や下痢、頭痛、めまいの場合、熱中症の初期症状の可能性もあるため、注意しましょう。

対策

夏バテには明確な定義はありません。
「暑気中り(しょきあたり)」、「暑さ負け」、「夏負け」などともいわれることもあります。
夏の暑さや多湿が続くことに影響を受けて起こる体の不調全般を指していいます。

PHOTO

  • 冷房のかけすぎに注意
  • こまめな水分補給...ただし冷たい飲み物は胃腸に負担をかけやすいので注意して下さい。
  • 睡眠不足対策...自律神経を整えるために大切です。
    冷房はつけっぱなしにせず、タイマーをかけるなどしましょう。

  • 栄養、食生活改善...積極的にとりたい栄養素は以下のものとなります。

タンパク質...筋肉などの体をつくる材料となります。
不足すると疲れやすくなり、スタミナ切れをおこしたりします。

ビタミンB1...糖分をエネルギーに代謝する役割を担います。(豚肉、大豆、玄米、ホウレンソウなど)

アリシン    ...ビタミンB1の吸収をしやすくしたり、ビタミンB1の効果を持続させる働きがあります。
(にんにく、ニラ、ねぎ、玉ねぎなど)

Copyright(c) 2004 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.