富士薬品

| ホーム | お知らせ | 会社情報 | 事業内容 | グループ会社一覧 | 営業所・店舗検索 | 商品検索 | 反社会的勢力に対する基本方針 | サイトマップ |

カスタマーサービスセンターカスタマーサービスセンター

暮らしのお役にたつ健康情報

Vol.13『虫さされに注意!』

虫さされの症状 ※主にアレルギー反応です。

PHOTO

虫に刺されたり、咬まれたり、虫の毒毛に触れる事によって、痛みやかゆみ、腫れ等の症状があらわれることがあります。悪化させたり、大事にいたらないよう、適切に対処しましょう。

[局所症状]
・物理的な痛みや、アレルギー反応によるかゆみや赤み等

[全身症状]
・アレルギー反応によるじんましんやショック症状等
すぐに症状が出る即時型反応と1~2日後に症状が出る遅延型反応があります。
症状は虫の種類や刺された頻度、体質などによって個人差が大きいのが特徴です。

虫さされの治療 ※掻き壊して悪化させないよう、早めに対処しましょう。

PHOTO

症状の軽い局所症状であれば、セルフケアで対処できます。

患部を清潔にする : 針や毛を洗い流しましょう。
患部を冷やす : 痛みやかゆみがやわらぎます。
痒み止めの薬を塗る : ステロイド成分や抗ヒスタミン成分配合の薬で症状をおさえましょう。

下記のような場合は、医療機関を受診しましょう。

  • 毒性の強い虫にさされた場合
    特にスズメバチ等。2回目以降は症状が強く出る場合があります。
    吐き気、息苦しさ、めまい、蕁麻疹、意識障害があらわれた場合、一刻も早く医療機関で治療を受けましょう。
  • 症状がひどい、患部が広範囲の場合
  • 数日ケアしても症状がよくならない場合

虫さされ対策 ※虫を近づけない、虫に近づかないことが1番です。

PHOTO

① なるべく肌の露出を避けましょう。
長袖・長ズボン、帽子、タオルを首に巻く等、肌を覆う工夫をしましょう。

虫除け剤を活用しましょう。
・タイプ:肌用、衣服用
・成分:ディート、精油(レモンユーカリなど)
ディートは虫除け効果が高い成分です。一般的には毒性が低いとされていますが、まれに体への影響があるとの報告があり、厚労省の検討会で使用上の注意や小児の使用の目安が定められました。

【小児の使用目安】
6か月未満の乳児 使用しないこと
6か月以上 2歳未満 1日1回
2歳以上 12歳未満 1日1~3回

PHOTO

③ 帰宅後はすぐに入浴し、清潔な服に着替えましょう。
虫や針・毒毛などが付着していないか、虫にさされていないか確認しましょう。
また、皮膚炎の原因となるおそれもあるので、虫除け剤も洗い流しましょう。

Copyright(c) 2004 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.