よくあるご質問よくあるご質問

よくあるご質問TOP5(おくすり)

ジキナ顆粒ゴールド

※よくあるご質問のタイトルは、よく見られている順に表示されています。

授乳中ですが服用しても良いですか311

インフルエンザのときの熱に服用できますか313

ジキナIP錠との違いを教えてください314

他の痛み止めとの併用は可能ですか312

甲状腺機能障害、高血圧、心臓病、腎臓病ですが服用可能ですか315

ピックアップ商品

授乳中ですが服用しても良いですか

授乳中の人は服用しないか、服用する場合は授乳を避けてください。

PAGE TOP

インフルエンザのときの熱に服用できますか

基本的には、インフルエンザの疑いがあるときには医療機関の受診をお勧めいたします。抗インフルエンザ薬は発症後の服用が早い方が効果が得られやすいためです。服用してはいけないわけではありませんが、あくまでも医療機関に行くまでの一時的な服用にとどめ、早めに医療機関を受診されることをお勧めいたします。

PAGE TOP

ジキナIP錠との違いを教えてください

ジキナIP錠は、イブプロフェンが主薬の製剤です。ジキナ顆粒ゴールドは、アセトアミノフェンが主薬の製剤です。ジキナIP錠は、15才以上の方からご利用いただけます。ジキナ顆粒ゴールドは、3才以上の方からご利用いただけます。

PAGE TOP

他の痛み止めとの併用は可能ですか

ジキナ顆粒ゴールドにも痛み止めの成分が入っております。他の痛みどめや風邪薬などとの併用はお勧めできません。

PAGE TOP

甲状腺機能障害、高血圧、心臓病、腎臓病ですが服用可能ですか

服用されているお薬によっては、飲み合わせに注意が必要な場合があります。かかりつけの医師または、(株)富士薬品 学術室までご相談ください。

PAGE TOP

お問い合わせ

カスタマーサービスセンター 学術室
048-648-1118(平日の9 : 00~17 : 30 夏季、冬季休業あり)

Copyright(c) 2018 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.

Copyright(c) 2004 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.