Special Contents 薬剤師の生きる道

薬剤師の役割は今後ますます広がっていきます。たとえば、在宅医療。医師や看護師と一緒に患者様のご自宅に伺って投薬を行うチーム医療に参加するなど、より主体的に動き、患者様から選んでもらえる薬剤師になることが求められます。ここでは、これから薬剤師には、どういった力が必要になるのか?また、富士薬品では薬剤師として、どのような働き方ができるのか? どのように成長していけるのか?を具体的にお伝えします。

これからの薬剤師

金井理

地域医療チームの一員として、責任感と積極性をもって

これまでの薬剤師の仕事と言えば、薬局の奥にある調剤室を自分の居場所として、患者様が処方箋をお持ちになるのを"待っている"イメージでした。しかし、これからの時代は、そうした姿勢では通用しません。薬局の外へ出て医療・介護の専門家と協力し合って高齢者をサポートする「地域包括ケア」に薬剤師が深く関わっていく必要があります。医師、看護師、ケアマネージャーといった人たちと同じレベルで、患者様に接する"積極性"が重要なのです。富士薬品では、地域医療の担い手としてドラッグストアと調剤の併設を進めており、在宅医療に携わることのできる薬剤師の育成にも力を注いでいます。

その一方、自分自身で健康を管理する「セルフメディケーション」も大きな潮流です。病院にかかる前の軽い症状のうちにOTC(一般用医薬品)を服用して治療することが推奨されています。それを受けて、薬剤師も調剤だけではなく、OTCを正しく販売するための知識が不可欠になります。患者様と接するうえでのコミュニケーション能力も、ますます重要になります。

患者様にとって医師よりも身近でいつでも気軽に相談できる医療人としての在り方を目指してほしいと思っています。

これから求められる力 能力を発揮する場面
   コミュニケーション能力 患者様は一人として同じ人はいません。年齢・職業・性格・価値観もまちまちですし、医薬に対する理解度にも大きな差があります。服薬指導に際し最も大切な事は、相手の目線で言葉や表現を選ぶことです。
   ホスピタリティ 患者様にとっての薬剤師は身近な相談役です。医師に話しにくいことでも、薬剤師には打ち明けてくれ、そこから治療に役立つ情報が得られる場合が少なくありません。自然な会話によって、患者様が話しやすい環境をつくっていきます。
   カウンセリング力 薬剤師が患者様にお話しすることは、医薬品に関することばかりではありません。食事や睡眠、運動など、日頃の生活習慣などもアドバイスします。健康全般に関するカウンセラーとして、幅広い知識と対応力が重要です。
   専門知識と判断力 処方箋に従って調剤するだけではなく、副作用やアレルギーの可能性、その患者様がほかに服用している薬との飲み合わせなどを考慮して、ときにはドクターに処方変更の相談をします。専門知識に基づいた判断力が必要です。
   患者様を大切に思う心遣い 知識やスキルがいくら高くとも、それだけでは十分ではありません。患者様を自分の家族同様に思い、温かい心で接すること。薬局が混んでお待たせするときもありますが、自然な心遣いによって患者様の気持ちも和みます。
   “気づく”能力 来店される患者様は、大きな痛みがある事が多いです。例えば、歩行しにくいなど、それぞれに問題を抱えていらっしゃいます。患者様の表情やふるまいから事情を察知して、お声がけしたり、手をさしのべられる。これも薬剤師に必要な能力です。

これから求められる力と能力を発揮する場面

  コミュニケーション能力

患者様は一人として同じ人はいません。年齢・職業・性格・価値観もまちまちですし、医薬に対する理解度にも大きな差があります。服薬指導に際し最も大切な事は、相手の目線で言葉や表現を選ぶことです。

  ホスピタリティ

患者様にとっての薬剤師は身近な相談役です。医師に話しにくいことでも、薬剤師には打ち明けてくれ、そこから治療に役立つ情報が得られる場合が少なくありません。自然な会話によって、患者様が話しやすい環境をつくっていきます。

  カウンセリング力

薬剤師が患者様にお話しすることは、医薬品に関することばかりではありません。食事や睡眠、運動など、日頃の生活習慣などもアドバイスします。健康全般に関するカウンセラーとして、幅広い知識と対応力が重要です。

  専門知識と判断力

処方箋に従って調剤するだけではなく、副作用やアレルギーの可能性、その患者様がほかに服用している薬との飲み合わせなどを考慮して、ときにはドクターに処方変更の相談をします。専門知識に基づいた判断力が必要です。

  患者様を大切に思う心遣い

知識やスキルがいくら高くとも、それだけでは十分ではありません。患者様を自分の家族同様に思い、温かい心で接すること。薬局が混んでお待たせするときもありますが、自然な心遣いによって患者様の気持ちも和みます。

  “気づく”能力

来店される患者様は、大きな痛みがある事が多いです。例えば、歩行しにくいなど、それぞれに問題を抱えていらっしゃいます。患者様の表情やふるまいから事情を察知して、お声がけしたり、手をさしのべられる。これも薬剤師に必要な能力です。