薬に込められた想い それは、私たちの自信と誇り 研究編 製造編

やりがいの大きな仕事。チャレンジする気持ちを忘れてはいけない。

人々の健康に貢献し続けてきた富士薬品だが、
新薬開発に本格的に取り組みはじめてからの歴史はまだ浅い。
しかし、だからこそのやりがいがある。
自らの手で富士薬品における医薬品研究開発の歴史をつくっていく手ごたえ。
そして、困難な医薬品研究開発に果敢に挑戦するチャレンジ精神。
そこに惹かれて私は、この会社を志望した。
その想いは入社してから今までなんら変わることがない。
医薬品研究開発は成功することよりも壁にぶつかる事の方が多い職種かもしれない。
しかし、その分成功したときには、より大きな達成感を感じることができる。
何度挫折を味わおうとも諦めずにチャレンジしていく情熱を絶やさず、
富士薬品のさらなる発展に貢献していきたい。

開発の一連の流れを視野に入れて、メンバー相互に協力し合う。

開発部は少人数体制でいくつもの臨床試験をこなすので、一人ひとりに任される業務範囲が広い。
自分の役割のみならず、開発案件の全体像を視野に入れながら、臨機応変に仕事に取り組む。
新薬候補物質の治験を医療機関に依頼し、
その治験が手順通り実施されるよう管理するモニタリングからはじまり、
治験データをデータベース化するなど、データの管理をするデータマネジメント、
治験データに意味を与える統計解析、
新薬の承認申請における信頼性確保を目的とする品質管理業務、
そして申請業務に至るまで、メンバーがお互いに協力し合って進める。
一連の流れのなかで、携わる業務範囲を広げれば身につくスキルも幅が広い。
また、外部の専門家に一部の業務を依頼することもある。
その際、業務手順を容易に理解できるよう工夫をこらしたフローチャートを作成したり、
業務スケジュールの管理を徹底して行ったところ、「仕事が大変やりやすかった」と感謝された。
相手の立場になって気を配る。その大切さを再確認した瞬間だ。

各段階ごとの感動や成功体験が、やがて新薬開発へと結びついていく。

私は今、データマネジメントと統計解析を主に受け持っている。
統計解析においては、数学的な手法も身につけなければならない。
文献を読むなど自ら勉学に励み、それを仕事に活かすことができたとき、
すなわち試験の成功に貢献できたときは格別の思いだった。
また、治験データを入力してもらうためのウェブサイト製作も、外部の開発担当者と協力して行った。
短期間で操作性の良いものをつくり上げ、これも苦労が報われた。
そうした小さな感動や成功体験が、やがて新薬開発という大きな目標へと集約していく。
申請業務では、開発の最終段階を迎え、申請を間近にひかえた新薬候補化合物の重要な業務に携わった。
これは同種同効薬が非常に少なく、当社が開発をはじめた時点ではおよそ半世紀ほど新薬が出なかった領域。
私たちが開発した薬剤が世の中に出ると、患者様にとって治療薬の選択の幅が広がる。
すなわち、病で苦しむ人たちの"生きていく力"や"笑顔"につながる。
これこそ、医薬品開発に携わる者にとって、かけがえのない喜びだ。

奥井大輔

主人公紹介 【開発編】

就職活動では思い通りにいかないこともあるかもしれませんが、今苦労をしている経験は、長い人生を生きていくうえで決して無駄にはなりません。私自身の職務に則して言うと、新薬開発は挫折や回り道の連続です。なにしろ数々の候補物質のなかから新薬になるのは1つあるかないかなのですから。思うような結果が得られずともそこで挫けず、次のチャレンジに向かって前向きに進む姿勢がなければ、続けられない仕事です。おそらくどんな仕事もそうでしょう。就職活動は社会に出ていくための助走期間なのです。

●富士薬品のここがスゴイ!

セイムス風邪の引きはじめやお腹の具合が良くないときなど、富士薬品のドラッグストアを訪れます。感冒薬も胃腸薬もたくさん種類があり、棚の前で迷っていると、薬剤師の人がさりげなく声をかけてくれ、そこから会話が広がっていく。具体的な症状を話すと、それにふさわしい薬を選んで説明をしてくれますし、それ以外の栄養面や休息の取り方なども話してくれる。不思議なことに話をしているうちに少し元気が出てきたりして、薬プラス・アルファの効果があるように思います。また、医薬品について専門用語ではなく、簡単な言葉で伝えることができる点も感心させられます。