富士薬品

| ホーム | お知らせ | 会社情報 | 事業内容 | グループ会社一覧 | 営業所・店舗検索 | 商品検索 | 反社会的勢力に対する基本方針 | サイトマップ |

カスタマーサービスセンターカスタマーサービスセンター

暮らしのお役にたつ健康情報

Vol.1『冷え対策情報』

PHOTO

冷房がきいた部屋にいたり、冬場になると、「足元が冷えるので厚手の靴下をはかなくてはいけない」 「体が冷えて腰が痛む」など、「冷え」に悩む女性が少なくありません。冷えには、基準がありません。 女性に冷えを感じる方が多いのは、血行促進に大切な筋肉が少ないことや、快適に感じる温度が男性よりも 高いためといわれています。

冷えの主な原因

PHOTO

※病気が冷えの原因になっていることもあります。病気の疑いがあるときは、医療機関を受診しましょう。

冷えが引き起こすからだの不調

●頭痛、●肩こり、●腰・ひざの痛み、●胃腸の働きの低下、●便秘や腹痛、●月経痛の悪化など
冷えが悪化すると、さらにひどい病気を引き起こす可能性もあります。

改善方法は?

  • 筋肉を増やす


    水泳やウォーキング、ストレッチなど毎日手軽に続けられる運動を習慣づけましょう。
    普段の生活の中で、階段を使うだけでも違います。

  • ストレス解消


    ストレスがあると、血管が収縮して血行が悪くなります。好きな趣味などリラックスできる方法を見つけましょう。

  • 血行改善する


    夏であっても入浴をしたり、足浴(洗面器にお湯をはり、足をつけておく)をするのもお勧めです。

  • 体を温める食べ物を摂る


    一般的に土の上にできるものは体を冷やし、土の中にできるものは体を温める作用があるといわれています。
    根菜類は積極的に摂りたい食品です。香辛料を上手につかうのもポイントです。

  • 衣服の調節


    首や手首・足首は皮膚のすぐ下を動脈が通っているので冷やさないようにしましょう。

Copyright(c) 2004 FUJI YAKUHIN CO., LTD. All Rights Reserved.